ワキガで悩んでいる場合には医療機関で治療をするという選択肢もあります。アポクリン汗腺という、ワキガの臭いの原因になる汗を分泌する汗腺が、脇の下にあります。アポクリン汗腺がたくさんあると、汗をたくさんかくことになるので、ワキガも強く感じるようになります。ワキガが濃くなる要因としては、フライ料理や肉料理、牛乳を使った料理の摂取があります。日々の食べ物だけでなく、メンタル面に負荷がかかり、緊張した状態が継続すると、ワキガが強くなります。ストレス解消を心がけながら日々の生活を送ったり、肉や油ものだけでなく、野菜や果物をよく食べることで、ワキガ予防になります。ワキガ対策用のクリームを使って、制汗するというワキガ対策の方法もあります。自宅でできる対策を試してみたけれど、まだ臭いがきついという場合は、病院で診てもらうことです。症状がそれほどきつくない場合は、脇の下を消毒する薬や、発汗を抑制する飲み薬で、症状の緩和が期待できます。より症状が深刻であれば、アポクリン腺を手術で直接取り除いてしまいます。ワキガの手術には、マイクロリムーブ法、電気凝固法、レーザー治療法、ボトックス注射などがあります。美容外科や、美容皮膚科でも、ワキガの治療のために手術を行うことが可能なところが少なくありません。